Belinda Johnson

Belinda Johnson

最高執行責任者(COO)

ベリンダ・ジョンソンはAirbnb最高執行責任者(COO)です。Airbnbを「21世紀の企業」と位置づけるプログラムとプロセスの開発と監督を行い、ミッションの遂行を推進しています。

担当する事業分野は、オペレーティングシステム、運用担当チーム(トラスト、カスタマーエクスペリエンス、支払いなど)、 その他のチーム(法務・政策・コミュニケーション)の3つです。

業務および法務の最高責任者として公共政策、コミュニティモビリゼーション、法務、コミュニケーション、コンプライアンス、社会貢献、エンプロイー・エクスペリエンスの各チームの事業経営と運用戦略を担当後、COOに就任しました。

2011年、法務最高責任者として入社後、小さなスタートアップからホスピタリティ分野のグローバルブランドに成長するまでAirbnbを担ってきたリーダーのひとりであり、そのテクノロジー産業における法務と事業運営のキャリアは20年以上におよびます。

Airbnb入社前はヤフー副法律顧問。また、インターネット第1次ブーム期にはネットコンテンツ配信の先駆企業であるブロードキャスト・ドット・コム社で法律顧問&会社秘書役を務めていました。

ペイパル役員兼務。フォーブスが選ぶ「ハイテク業界で最も影響力のある女性」、ファストカンパニー・マガジンが選ぶ「最もクリエイティブな企業人」。テキサス大学で学士号と法務博士号取得。

< Airbnbについて