事業者向けワンストップサービスの提供を開始したエボラブルアジアと連携

投稿: /

事業者向けワンストップサービスの提供を開始したエボラブルアジアと連携

Airbnb Japan株式会社と株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、以下:エボラブルアジア)は、エボラブルアジアの子会社である株式会社エアトリステイが開始した「Airbnbに特化したコンソーシアム型代行サービス」(住宅宿泊事業の準備・運用をサポートする事業者向けのワンストップサービス)について、包括的業務提携に関する覚書を締結しました。Airbnbは、日本を代表する様々な住宅宿泊事業関連の国内企業とともに「Airbnbに特化したコンソーシアム型代行サービス」を支え、安心・安全な住宅宿泊事業実現を目指して参ります。

2018年3月15日から開始される届出受付、その後の6月15日の住宅宿泊事業法の施行日以降、日本において、安心・安全である住宅宿泊事業の運営が最重要の課題となります。また、空き家・空き部屋の活用の期待が高まるなか、多くの不動産オーナーや管理事業者が住宅宿泊事業の「準備」や「運用」をアウトソースすることを望んでおります。しかし、住宅宿泊事業においては、必要となるサービスが多岐にわたるため、一社で全てをまかなう体制が確立されておらず、「ワンストップ」でサービス提供を可能とする事業者の存在が強く求められておりました。

今回、本コンソーシアム型代行サービス(ワンストップサービス)の特長として、住宅宿泊事業に関連する日本を代表する各企業がソリューションパートナーとしてエボラブルアジアに協力し、重層的にサービス構築・発展させていくことが挙げられます。今後、パートナーが拡大していきますが、本リリース時点での参画を表明されているパートナーは、以下の通りです。

今回の提携に関し、Airbnb Japan株式会社代表取締役の田邉泰之は以下のように述べています。「エボラブルアジア社が中心となり、日本を代表する関連企業とともに、空き家・空き部屋の活用を実現できるソリューションをパッケージ化した「ワンストップサービス」を提供開始することを歓迎いたします。人やコミュニティを中心とした信頼のあるプラットフォームであるAirbnbを活用した空き家・空き部屋の多種多様な運営方法を提案してまいります。」

Airbnbは、地域社会に配慮し、持続可能な形で、ホームシェアを含む住宅宿泊事業が日本全国で普及するようエボラブルアジアのコンソーシアム型代行サービスを他社とともに支援、サービス構築・発展に貢献して参ります。

■ワンストップサービスの特設サイトはこちら

https://www.airtripstay.jp/

■協力パートナーと各社の提供サービス[敬称略・順不同]

ソフトバンク株式会社:通信サービスの提供

SATO行政書士法人:法的申請の支援

スタジオアンビルト株式会社:インテリアコーディネート・スタイリング

モダンデコ株式会社:家具の提供

株式会社ビックカメラ:家電の提供

CCCマーケティング株式会社:写真撮影・コンテンツ作成

西新サービス株式会社:清掃・リネン交換

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

株式会社プライムアシスタンス:駆けつけサービス

■各お部屋のイメージ

北欧

北欧・モダン

モダン

Modern

和風

和風

インダストリアル

インダストリアル

エボラブルアジアについて

株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191)は、One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛けています。エボラブルアジアは、日本の旅行業法に基づく登録をもち、これまで、各種法令を遵守しながらホテル・旅館を含む旅行領域における事業基盤を構築してきました。日本ならではのおもてなしを「適正」に実現できるソリューションをパッケージ化した「ワンストップサービス」の提供は、適正(法令遵守)かつ安心・安全をしっかりと担保できるエボラブルアジアの子会社である「株式会社エアトリステイ」が開始して参ります。

【株式会社エボラブルアジア】
本社  :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19階

社名  :株式会社エボラブルアジア

代表者:代表取締役社長 吉村 英毅

資本金:1,033,579千円(払込資本 2,222,092千円)

URL:http://www.evolableasia.com/

ご質問やご意見などがありましたら、press-jp@airbnb.comまでご連絡ください。